男性の一人暮らしにオススメ!~東京品川区大井町エリア~

東京品川区大井町エリア

一人暮らしをする場合には不動産物件をいつから探せばいいのでしょうか?
今回はこれをメインテーマにお話をします。
そして男性が一人暮らしをするときにオススメの東京品川区大井町エリアの特徴を紹介します。
 
■一人暮らしをする場合に部屋探しのベストタイミングはいつ?
 
もっとも部屋探しマーケットが活況になる時期は年明け1月から年度末の3月にかけてです。
この時期は就職・進学・転勤があります。それに応じて転居することが多くなります。
不動産物件も決まっていく展開がどんどんスピードアップするのです。
あまり悠長に構えていると理想的な物件は見つからないでしょう。
 
不動産会社で相談している間に別の人が契約してしまうことは日常茶飯事です。
良い物件があって現地を見に行って到着したら、すでに別の人が契約していたこともあります。
分刻み・秒刻みの闘いになります。
しかしながら、焦ることはありません。借りる人が多いのは出ていく人も多いのです。
 
大切なことは、いつ行動に起こすかにしても一人暮らしの部屋探しをするキッカケは
引越費用が確保できたところになります。
これが確保できないと理想的な不動産物件を見つけても借りることができません。
後悔しないように、まずは引越費用を捻出しましょう。
 
  • どうしても一人暮らしの時期が1月から3月になる人はどうすればいい?
 
2月から入居希望する人がいるとしてシミュレーションしてみましょう。
2月から入居しますから逆算すると1月には新居を決定しておかなければないでしょう。
ですが、これも早ければいいということではありません。
何故ならば家賃が発生するからです。
2月よりも前で住んでいないのに空家賃を支払うのは理想的ではありません。
 
一般的には気に入った不動産賃貸物件が見つかって契約までは約1週間でしょう。
契約と同じタイミングで家賃が発生します。例えば1月15日に契約したとしましょう。
1月の残りは16日あります。この家賃は日割り計算で支払うのが普通です。
現在、賃貸で借りている場合は二重払いになります。
 
この場合に二つの賃貸物件の候補があったとします。
1番目は家賃が6万円で敷金が1カ月・礼金が1カ月です。
2番目は家賃が6万円で敷金が1カ月・礼金が2カ月です。
1番目の賃貸物件は1月初日に借りた場合に敷金・礼金・家賃の合計で3カ月分になります。
一方の2番目の賃貸物件は2月初日に借りた場合に敷金・礼金・家賃の合計は4カ月になります。
 
1番目の方で2月も借りたとしたら4カ月になります。比較したら同じ支払い金額になるのです。
礼金が1カ月分安くなれば、一カ月早く契約しても支払い金額は同じです。
こういったことが頭に入っていれば、じっくりと部屋探しができるのではないでしょうか?
 
  • 一人暮らしをする時期に余裕がある人
 
こういった条件があれば有利に部屋探しができます。
家賃・敷金・礼金がプライスダウンされているタイミングや値下げ交渉できる時期を狙うことが大切です。
 
1番目4月から5月です。
この時期は3月に入居者が決まらなかった物件が残っています。
そして、3月の後半に転居したから比較的条件が良い部屋が残っている可能性があるのです。
 
ですが、この時期はまだ部屋探しをする人は多いです。
少し部屋探しに余裕がある人が狙っていることもあります。
だからこそ家賃の交渉がしやすいのです。
不動産会社もこの時期に契約してしまわないと長期間空室になるリスクがあるからです。
 
6月から7月は特に、これといった条件や特徴はありません。
8月は一番の狙い目です。礼金や日割りの家賃や家賃交渉がしやすいです。
1月から3月と比較した場合に家賃が1万円も下がることもあります。
余裕があるならば、この夏休み時期を狙いましょう。
 
9月から10月は転勤のシーズンです。
ファミリー向けの不動産が動く時期ですから一人暮らしとはあまり関係がありません。
11月は特にコメントすることはないです。
12月から1月はシーズンが近いです。家賃交渉は期待できないでしょう。

東京 一人暮らし おすすめ

1人暮らし 部屋


大学生 一人暮らし